日本酒net
日本酒net > 日本酒の知識 > 吟醸造りとは

吟醸造りとは

吟醸造りとは吟醸や大吟醸などでも利用される酒造りの方法のひとつで、精米歩合の高いお米を低温でゆっくりと寝かせ(発酵させ)、造り上げる伝統的な手法の一つです。

低温ではゆっくり酵母を発酵させるのには時間と手間がかかりますが、その分香りも高く、その独特の香りは吟醸香と呼ばれます。

ちなみに、国税庁のホームページには吟醸造りについてこのように記載されています:

吟醸造りとは、吟味して醸造することをいい、伝統的に、よりよく精米した白米を低温でゆっくり発酵させ、かすの割合を高くして、特有な芳香(吟香)を有するように醸造することをいいます。吟醸酒は、吟醸造り専用の優良酵母、原料米の処理、発酵の管理からびん詰・出荷に至るまでの高度に完成された吟醸造り技術の開発普及により商品化が可能となったものです。

出典:国税庁ホームページ「酒類関係情報」
日本酒の知識
日本酒の飲み方
種類
新潟の酒
健康効果
About