日本酒net
日本酒net > 日本酒の知識 > 寒造りとは

寒造りとは

寒造りとは酒造りに最も適した寒い季節の11月頃から2月頃までに酒造りをすることです。寒くなることで雑菌が繁殖し難いため酒造りには向いているということですが、この頃は冬の間の出稼ぎにくる人も多く冬になったなぁと感じることもありました。

この寒造りが定着したのは江戸時代であったと言われ、その時期に造られたお酒は「寒酒」と呼ばれていました。

そのため、今でも寒造りのお酒などが販売されることがありますが、一番良い季節に作られたお酒だと思ってもらうと分かりやすいと思います。

しかし、今では四季醸造といって一年中酒造りを行う蔵元は多いですし、大手の蔵は殆どが四季醸造です。蔵の中の温度管理を機械で行えるようになっていつでも同じ味わいのお酒が飲めるようになったのは嬉しいことですが、逆に旬がなくなってしまうことは日本酒好きにとっては少しもったいないと感じてしまいます。

ただ、地酒に関しては冬にしか造らないといったところも沢山あります。

日本酒の知識
日本酒の飲み方
種類
新潟の酒
健康効果
About