日本酒net
日本酒net > 日本酒の知識 > 精米歩合とは

精米歩合とは

よくお酒のラベルには精米歩合何%だとか書かれていますね。この精米歩合とは一体何なのでしょうか。

精米歩合とは玄米を削り取った後の白米の重量の割合のこと。つまり精米歩合60%と表示されているのであれば、玄米を40%も削っていることになります。

精米歩合と日本酒の味わい

精米歩合が高い酒(多く削られているお米から作られたお酒)は一般的に言って高級酒であり、その味わいもより雑味のないものになります。

その理由はお米(玄米)の表面に含まれるたんぱく質や灰分、脂肪などが挙げられます。一般的に食べるお米にはこの成分はとてもありがたいものなのですが、お酒の場合は少し違っていて、この表面のたんぱく質などはお酒に雑味を与えてしまったりと味わいにマイナスの効果があるため削ってしまうのです。

そうして削られたお米を使って造ったお酒は雑味もなく、香りもとても良いものに仕上がるのです。

日本酒の知識
日本酒の飲み方
種類
新潟の酒
健康効果
About