日本酒net
日本酒net > 日本酒の飲み方 > 大吟醸の飲み方と特徴

大吟醸の飲み方と特徴

大吟醸とは米、米こうじ、醸造アルコールを原料として造られたお酒であり、精米歩合は50%以下であること、吟醸造りで固有の香味、色沢が特に良好なことがその条件となっています。

大吟醸の飲み方

大吟醸にも醸造アルコールを用いたものと醸造アルコールを使っていない純米大吟醸とがあります。どちらも精米歩合は50%以下です。

大吟醸の飲み方は一般的に冷やして、又は常温が最適です。あまり冷やしすぎてしまうと大吟醸特有の香りが損なわれてしまいますので注意します。また、お燗をしても、香りがとんでしまいますから避けるようにします。

蔵元によってはお酒の鑑評会用の酒を大吟醸として販売しているところもありますが、いずれにしても高級酒であり少しづつ楽しみたいところですね。

日本酒の知識
日本酒の飲み方
種類
新潟の酒
健康効果
About