日本酒net
日本酒net > 日本酒の飲み方 > 吟醸酒の飲み方と特徴

吟醸酒の飲み方と特徴

吟醸酒とは米、米こうじ、醸造アルコールを用いて造られるお酒のことで「精米歩合が60%以下であること、固有の香味及び色沢が良好なもの」がその条件となっています。

通常、吟醸酒に用いられるお米は五百万石など、高級なお米(酒造好適米)が使われます。そのお米の周りをさらに削ることによって余計な雑味をなくし、香りのよさを引き立たせるのです。

吟醸酒の飲み方

吟醸酒はそのフルーツのような香りの良さが特徴で、蔵元のタイプによって違いますが、基本的には適度に冷やして飲むとその香りを楽しむことができます。料理との相性ですが、もともとサラサラした味わいやのど越しの吟醸酒にはさっぱり目の料理との相性がよいですが、コクの強い料理や脂が多い料理には合わない場合もあります。

日本酒の知識
日本酒の飲み方
種類
新潟の酒
健康効果
About