日本酒net
日本酒net > 日本酒の飲み方 > 純米酒の飲み方と特徴

純米酒の飲み方と特徴

純米酒とは醸造アルコールを添加することなく造られるお酒で、米、米こうじが原料となっています。条件として「香味及び色沢が良好なもの」が挙げられます。米だけで作った酒ということです。普通お酒は米だけで造るものだと思われる方もいらっしゃいますが、醸造アルコールを添加して作られるタイプにはその良さもあります。しかしながら、純米酒には純米酒独特の良さもありますね。

純米酒の飲み方

純米酒は一般的にコクがありますから、脂の多い料理(肉料理など)などとも相性が良いのが特徴です。冷やして飲むのも良いのかも知れませんが、通常は常温であったり、低めの温度でお燗をして飲むとその旨みが引き立ちます。

純米酒は酸度がある程度あるものが多くお燗をしても変な苦味がでにくいという特徴があります。酸度が強ければ辛口に感じ、その数値が低ければ甘口に感じることもありますね。

日本酒の知識
日本酒の飲み方
種類
新潟の酒
健康効果
About