日本酒net
日本酒net > 日本酒の飲み方 > 湯せんの仕方

湯せんの仕方

湯せんの仕方ですが、お鍋にお湯を沸かし、徳利が肩までつかるようにします。この後温度ですが、コクのあるタイプや酸度が強いタイプややや熱めでも美味しく飲めると思います(45℃前後の上燗または、50℃前後の熱燗)、それ以外はぬる燗(40℃前後)や人肌燗(35℃前後)で楽しむと良いかも知れません。

徳利の下の部分を触って体温と同じ位が人肌燗ですからそれを目安に温度を変えるのもいいかも知れませんね。

湯銭は面倒と言う人もいらっしゃるかも知れません。どうしても面倒で、という人は電子レンジでもいいのではないかとも思いますが、やはり湯せんにはかないません。もし機会があれば是非湯せんで日本酒を楽しんでみて下さい。

日本酒の知識
日本酒の飲み方
種類
新潟の酒
健康効果
About