日本酒net
日本酒net > 北海道の日本酒 > 雪氷室 一夜雫

雪氷室 一夜雫

雪氷室 一夜雫は酒造好適米の最高峰「山田錦」を35%まで高度精米し品温10℃で30日以上長期低温発酵をさせて醸されたもろみを、この雪氷室の中で、普通の酒のように圧力を加えてしぼるのではなく、布袋に入れて吊り下げ、一滴づつしたたり落ちる「雫」を時間をかけ集めた究極の大吟醸酒が「雪氷室 一夜雫」です。

ワインに例えればフリーランと同じく、もろみから自然に滴り落ちる雫ですから多量にはえられません。特に一夜雫は余り時間をかけて質の変化するのを避けるため冬の「一夜」だけの「雫」の滴りに止めています。

この銘柄の値段を見る

雪氷室 一夜雫の詳細データ

精米歩合
35%
原料米
山田錦
日本酒度
5
特定名称
大吟醸
アルコール度数
17.2度
都道府県
北海道

※上記 雪氷室 一夜雫の詳細データについては蔵元の事情などで変更になる場合があります。

他の銘柄も見る

日本酒の知識
日本酒の飲み方
種類
新潟の酒
健康効果
About