日本酒net
日本酒net > 日本酒の種類 > 生貯蔵酒とは

生貯蔵酒とは

生貯蔵酒とは「半分生」のお酒と考えると分かりやすいかも知れません。お酒は通常、もろみを絞った後に寝かせます。そうすることで味が落ち着くわけです。

生貯蔵酒の場合はその名の通り、殺菌処理(火入れ)をすることなく生のまま貯蔵し、ビン詰め直前に一度加熱処理を施したものです。生のまま貯蔵することでその生独特の風味を残すことが目的です。

生貯蔵酒は生酒に比べてやや日持ちがしますが、それでも一般的なお酒(2度加熱処理を行います)に比べると美味しく飲める期間は短いですから、冷蔵庫に入れ出来るだけ早めに飲んだ方が良いですね。

日本酒の知識
日本酒の飲み方
種類
新潟の酒
健康効果
About