日本酒net
日本酒net > 日本酒の種類 > 特定名称酒とは

特定名称酒とは

特定名称酒というと何か特別なお酒のように聞こえます。実際にはその造り方の違いで呼び方が変わります。特定名称酒には「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」の3つがあります。

特定名称酒:吟醸酒

吟醸酒とは米、米こうじ、醸造アルコールを用いて造られるお酒のことで「精米歩合が60%以下であること、固有の香味及び色沢が良好なもの」がその条件となっています。

純米酒

純米酒とは醸造アルコールを添加することなく造られるお酒で、米、米こうじが原料となっています。条件として「香味及び色沢が良好なもの」が挙げられます。

本醸造酒

本醸造酒とは米、米こうじ、醸造アルコールを原料として作られるお酒のことです。これだけ見ると吟醸酒と同じようですが、吟醸酒と違う点は精米歩合が吟醸酒は60%なのに対して本醸造酒は70%以下という設定になっています。条件としては「香味及び色沢が良好なもの」になります。

日本酒の知識
日本酒の飲み方
種類
新潟の酒
健康効果
About